極悪非道!!!投資セミナー会社の詐欺事件まとめ

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

100億円を集めた投資詐欺事件

トレーダーへの甘い誘惑の正体は

今年の夏、FXトレーダーなら聞き流すことのできないニュースが流れました。

投資セミナー会社「シンフォニー」を経営する伊藤正明社長が脱税の疑いで逮捕されたのです。伊藤容疑者と資金管理を担当していた石井真人容疑者には詐欺の疑いもかけられています。

名古屋地検特捜部によると、2人は2010年3月ごろから投資セミナーを開催、会員になれば代わりにFXの運用をして利益をだすと呼びかけ、100億円以上を集めたとされています。

しかし、実際にはFXの運用は全くされていなかったとみられており、投資家に返金したものを覗くと60億円以上が残っていすはずだった。だが特捜部が確認できたのは計約8億円程度で、2人は種資金をセミナー等のイベントやクルージングに流用した模様です。

100億円集めたその手口とは

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s

伊藤容疑者らの資金集めは、大きく分けてセミナーの受講料と受講者の架空の投資会社への投資を手口としていました。

まずシンフォニーは1年間で21万円の受講料で投資セミナーを開催していました。その受講料や内容については前々からネット上で疑問視する声があげっていたそうです。

またシンフォニーのセミナーはマルチ商法的な手法を使っていたとされており、会員数を急激に伸ばしていました。

また、そのセミナーで架空の資産運用会社「コムズジャパン」を会員に紹介し、「年利で36%」「利潤を還元する」などといった誘い文句で投資を集い、多くの人がその言葉を信じコムズジャパンに多額の資金を振り込んでしまったのでした。

このように、マルチ商法的なセミナーと甘い投資話を駆使して、伊藤容疑者らは5000人あまりから100億円を超える資金を巻き上げたのです。

まとめ

多くの被害者がでたFX投資詐欺事件が起きたのは、この事件が初めてではありません。同じような手口で過去にも多くの人が騙されているのです。

おいしすぎる話には必ず裏があり、楽して儲ける方法など絶対にありません。FXで利益を出すにはコツコツ、焦らずに学習を続けていくことが重要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です